kota glass

有永浩太

Arinaga Kota

能登島で小さな工房を営んでいます。溶けたガラスを相手にしながら、日々作り続けています。生活と制作が密接に関わる環境でどんなものが生まれるか挑戦しています。
日常使いの器から、照明、窓、オーナメント等、溶かしたガラスで作れるあらゆるものを作っています。